外来診療担当表

みのやま病院病院トップ > 病院長ご挨拶・理念・基本方針等

ご挨拶・理念・基本方針等

院長あいさつ 理念 基本方針 倫理綱領
患者さんの権利 患者さんの責任 終末期医療について

院長あいさつ 

院長 壷井 和彦


 みのやま病院は京都・大阪のベッドタウンとして子育て世代から高齢世代までが共存する地域にあります。
 母体の医療法人美杉会は地域の医療・保健・介護を包括的に行うことを理念とし、急性期から慢性期、在宅までの医療・介護に対応して来ました。この中でみのやま病院は慢性期の入院、維持透析、リハビリ、在宅医療を主に受け持っています。
 現在のように機能分化した医療機関では一施設で医療を完結することは不可能で施設間での連携が不可欠です。みのやま病院は慢性期医療を担うと共に、在宅療養支援病院として病院と在宅診療、開業医の先生方、介護施設や福祉行政の橋渡しを行う位置にあります。 患者さんが病状に応じて最適の医療・福祉を受けられる事が目的です。日々の診療に加え、地域の医療福祉ネットワークを最大限に生かせるよう連携して行きたいと思います。





美杉会グループの理念・基本方針等 



美杉会グループの基本方針 



倫理綱領 



患者さんの権利 



患者さんの責任 



終末期医療について 





このページの先頭へ戻る