外来診療担当表
皮膚科レーザー    パンフレット
男山病院トップ > 診療科・各部署紹介 > 皮膚科 > レーザー治療について

レーザー治療について

特 徴 レーザートーニング 治療の流れ 照射・機器
(動画あり)
料金について

特 徴

シミ そばかす 肝斑 くすみ 炎症後色素沈着 毛穴の開大

 当院のQスイッチYAGレーザーは「MedLite C6」を採用しており、これは加齢に伴うシミ、日焼け後のシミ、そばかすはもちろん、肝斑の治療ができる優れたレーザー機器です。
 これまで、肝斑にレーザー照射すると炎症を起こし悪化させる危険性があるとしてレーザー治療は禁忌とされていました。しかし、この「MedLite C6」というレーザーは2種類の波長を持っており、”レーザートーニング”という、肝斑を悪化させることなく改善できる専用の照射モードが搭載されています。顔全体にこの照射を繰り返すうちにシミはなくなり、透明感のある均一な肌を取り戻すことができます。


レーザートーニングとは

 QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」による肝斑の新しい治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、”レーザートーニング”は非常に注目されています。
肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

 − 肝斑とは −

 一般的に、30〜40代のアジア人に多く見られる色素性皮膚疾患の一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンの関与、また物理的な刺激による炎症性の色素斑ともいわれています。
 肝斑はほかの色素斑と混在している場合が多く見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでいる患者さんも少なくありません。
 肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。

 − 均一で、低出力な照射 −

 レーザートーニングでは、レーザーがフラットに照射され、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で確実な肝斑治療が可能になりました。
 また、炎症を起こさせないくらいの低出力でレーザーを照射し、肌の中に蓄積しているメラニンを少しずつ取り除くことで、安全に肝斑を改善します。






治療の流れ

1.化粧を落として洗顔していただきます

 顔に照射の場合は、ファンデーションがレーザーに反応してしまうため、
化粧を落としていただきます。可能であれば、照射日は化粧はせずにご来院ください。

2.ご希望に応じて局所麻酔を使用します

 痛みが多少あるため、広範囲の照射の場合は、ご希望に応じて局所麻酔を
使用します。よって、安心して治療を受けていただけます。

3.QスイッチYAGレーザーを照射します

 シミの場合、おおよそ2〜3分間、
 肝斑、くすみの場合、5〜6分間で照射が終了します

4.クールダウン、外用剤塗布
 治療後は熱感やヒリヒリ感が出る場合がありますので、外用剤を塗布します。
 またご希望に応じてクールダウンいたします。


レーザー照射及び治療機器


 レーザー照射
 
(↑ 画像をクリックすると動画が見れます)

  
       レーザー機器本体           ハンドピース先端



料金について

@診察料 Aレーザー照射 B薬剤料
 レーザー初回日  \3,000

 2回目以降の再診  \800
 しみとり
  /1ショット
 \1,000  内服薬30日分
※3錠毎食後の場合
 \2,400
 肝斑トーニング
     /1回
 \9,000  軟 膏  1本   \100
※症状により増量になる場合もあります。

◎シミとりの場合
来 院 診療内容 料 金
初 回 レーザー照射
投薬
@診察料(初回)\3,000
Aレーザー照射 \1,000×照射回数
B薬剤料         @・A・Bの合計

 ※通常1回のレーザー照射で終了となりますが、
  2回目以降の照射が必要な場合、診察料は800円です






◎肝斑トーニングの場合
来 院 診療内容 料 金
初 回 レーザー照射
投薬
@診察料(初回)\3,000
Aトーニング  \9,000
B薬剤料         @・A・Bの合計
2回目以降
(毎週)
レーザー照射 @診察料(再診) \800
Aトーニング  \9,000  @・Aの合計

 ※通常5〜10回のレーザー照射で終了となります


  ⇒ まずは、皮膚科を受診してください!      (受診の際は健康保険証をご持参下さい)

            ※できるだけ化粧はせずにご来院ください。

このページの先頭へ戻る