外来診療担当表

男山病院トップ >病院長ご挨拶・ 理念・基本方針等

ご挨拶・理念・基本方針等

院長あいさつ 理念 基本方針 倫理綱領
患者さんの権利 患者さんの責任 終末期医療について

院長あいさつ 

院長 荒木 雅人

 男山病院は昭和50年京都府八幡市に関西医科大学の3番目の附属病院として開院いたしました。その後、地域の皆様から信頼される病院として発展いたしましたが、関西医科大学全体の構想整備に伴い、平成21年4月より医療法人美杉会が継承することとなりました。

 当院は、京阪電車樟葉駅から近く、近隣は男山の住宅地や開発の著しい松井山手地区からも交通網が整備され、立地条件に恵まれた環境にあります。
 これまで大学附属病院として培われてきた地域の皆様の信頼を受け継いで、同法人の佐藤病院とともに急性期医療から介護、在宅医療まで地域完結型の信頼いただけるサービスを提供できますよう、法人理念を追求していきたいと思います。

 近年、介護保険施設の整備に伴い、病院ではより急性期医療が求められるようになりました。病状に即した高度な医療を安全かつ迅速に行えるように、医療機器の整備・スタッフの充実を図り、病気や外傷で来られた方々が、安心して治療を受けていただける病院、もう一度受診していただけるような心通う病院を目指したいと思います。

美杉会グループの理念・基本方針等 

美杉会グループの基本方針 



倫理綱領 



患者さんの権利 



患者さんの責任 



終末期医療について 





このページの先頭へ戻る